DAIWA RACING LABO

DRLブログDRL BLOG

水冷式オイルクーラー

前回のブログで紹介した「開発中新製品」
その答えは「 水冷式オイルクーラー=ヒートエクスチェンジャー」でした!

 

熱交換器業界では、通称「シェル アンド チューブ」と呼ばれており
その技術は 昔から工業用設備や建設機械などに使われています

今回DRLではその技術を使い、全ての素材をアルミで製作
従来のものより大幅に軽量化しました

4.X(1)

ざっくりとその仕組みを説明すると・・・

4.X(2)

写真の「蜂の巣状の穴」部分にオイルを通し、その周りを水を蛇行しながら循環させることで
ヒートエクスチェンジ(熱交換)させる というもの

★このヒートエクスチェンジャーの特徴は、 空冷式と違い、直接風を当てなくても冷却できるため
搭載位置の選択肢が広がること

★又、ラジエーター水を利用するためオイル側の温度変化が少なく、 温度管理がし易いのも特徴です

 4.X(3)

 筑波ミーティングで多くの方にご覧いただきました

足を運んでくださった皆様、ありがとうございました